2000万売り上げた営業インターン大学生のブログ

普通の大学生が面白そうなことにとにかくチャレンジ

相手の気持ちを自分に投射する。【お願いごとを頼む時のルール】

f:id:endeavor-inmylife:20200126113215j:plain

皆さんは、「相手の立場になって相手の気持ちを考える」ということをできていますか?

あなたが友人に何かお願いする時。

あなたが仕事で上司に何かお願いする時。

 

あなたが誰かにお願いする時に、相手はどういう感情抱いているか考えることは大切です。「相手に伝えた自分のお願い」は相手にとって義務ではありません。なので、相手にどうやったら「快く」自分のお願いを引き受けてもらえるかということを考える必要があります。

 

今回は、相手にどう伝えたら快くお願いを聞いてもらえるかということをテーマに相手の気持ちを考えることの大切さを説明します。

相手に快くお願いを引き受けてもらう方が安心しますよね。何かを他人に頼む時は、気を遣います。時には、他人に頼まずに自分ですれば良かったと後悔する時もあります。

しかし、どうしても自分では手が回らず、お願いせざるを得ない時も出てきます。そうなった時に、相手に自分のお願いを快諾してもらえると気が楽ですよね。その方法を今回はお伝えできればと思います。

 

endeavor-inmylife.hatenablog.com

 

【相手の気持ちを自分の心に投射する】 

 

あなたは友人や上司に何かをお願いする時に、相手の気持ちを考えていますか?あなたがお願いをした時に相手はどんな感情を抱くのでしょうか。

 

「あなたのお願いなら喜んで引き受けよう」

と思ってることなんてほとんどありません。ほとんどの人は最初、「なんで僕が?」「なんで私が?」というマイナス感情からスタートしてます。

 

例えば、あなたが友人の気持ちを考えずに買い出しをお願いしたとしましょう。相手の友達は、「なんで自分が買い出しに行かないといけないの。自分で買ってくればいいじゃん」と感じると思います。

 

仮にお願いした時に、相手は笑顔で快諾してくれても心の中では、

「なんで私がこんなことしないといけないの?」

と思ってるかもしれません。

 

逆にあなたが友人から何かお願いをされた時にどう感じますか?

何も説明がない状態でお願いをされたら、

「なんで僕がしないといけないの?」

と感じると思います。

 

つまり、自分がお願いをされた時にネガティブな感情を少しでも抱いていれば、相手も同様にそのネガティブな感情を抱いています。

 

 

重要なのは、

相手がどんな感情を抱いているか推測することです。

 

相手の気持ちを全く考えずにお願いすることは、ただのワガママです。

 

 

endeavor-inmylife.hatenablog.com

 

 

【どうすれば快く”お願い”を引き受けれもらえるか考える】

 

まず大切なのは、お願いの内容を相手が理解しやすいように完結に伝えることです。先程の買い物の例をもう一度使ってみましょう。

 

あなたが買い物を頼まれた時、買い物リストを渡されず、適当に食べ物買ってきてと言われたらどう感じますか?

「何が必要なんだろう」

「どれくらいの量を買ってくればいいんだろう」

と疑問が上がってくると思います。

 

しかし、「買ってきて欲しいものと量」や「スーパーの場所」を伝えてもらった上で、買い物をお願いされたらどうでしょう。

買うべきものと行く場所が明確になっているので、買い物へのハードルが下がります。

お願いされた側は、その買い物に義務感を感じません。なので、そのお願いについて考えようとはしません。

 

つまり、相手がお願いの内容について考えなくても引き受けられるように伝えることが相手に快く引き受けてもらうことにつながります。

 

 

 

【相手の立場に立つ=相手の感情を考えること】

 

相手の立場に立って考えるという言葉だけ聞くと抽象的でわかりにくいと思います。しかし、そこまで言葉の意味を深く考える必要はありません。

 

重要なのは、「自分が同じことを頼まれたり、言われた時にどう感じるか」を考えることです。

 

それを考えることで、相手の気持ちを推測することができ、結果的に相手の立場に立って考えるということにつながります

 

今度、友人や上司に何かお願いをする時には、「自分が同じことを言われたらどう感じるか」と「お願いの内容を明確に伝える」ということを意識してみてください。きっとお願いを受けた側の人は、快く引き受けてくれるはずです。

 

endeavor-inmylife.hatenablog.com

 

話がおもしろい人の陥いるワナ。真のコミュニケーション力とは?

f:id:endeavor-inmylife:20200125155709j:plain

自分の周りに話が面白くて人が集まってくる人っていますよね。学校や仕事場など、どこに行っても絶対1人はいる面白い人。その人はなぜ話が面白のでしょうか。

経験が多くて話すネタが豊富だから面白い=コミュニケーション力が高いと多くの人が勘違いしています。

決してそんなことはありません。

 

経験が豊富で、話のネタがたくさんあっても話が面白くない人はたくさんいます。

「話が長かったり」

「話がわかりにくかったり」

どれだけ話の内容がおもしろくても、話し方次第でおもしろく無くなってしまいます。しかし、本当にコミュニケーション力が高い人の要因は「話す内容」や「話し方」ではありません。

 

どれだけおもしろい話を聞いていても、相手は途中から飽きてしまいます。

仮に楽しそうに話を聞いていても、心の中では退屈しています。

 

では、なぜ聞いている側はおもしろい話を聞いても飽きてしまうのでしょうか。

 

その理由を考えるとともに、真のコミュニケーション力を持つ人の特徴を見ていきましょう。

 

endeavor-inmylife.hatenablog.com

 

【会話という言葉の再認識】

みなさんは「会話」という言葉の意味をきちんと説明できますか?

多くの人は「会話」の意味を履き違えているパターンがあります。

 

会話とは、野球のキャッチボールのように話す側と聞く側の間で言葉というボールを投げたり、キャッチしたりすることです。

 

話す側が聞く側にボールを投げたら、次は聞く側がボールを投げる番であり、お互いがボールを投げ合うからキャッチボールが成立します。

 

一方的にボールを受け取ってしまうと退屈してしまいますよね?

 

これを会話に置き換えると、ずっと相手の話を聞いていることになります。

 

つまり、

ボールを受け取っているだけでは、相手は退屈してしまうのです。

 

会話で重要なのは、

「相手ときちんとキャッチボールができているか」

ということです。

 

 

endeavor-inmylife.hatenablog.com

 【話し上手な人が陥いるワナ】

 

なぜ話し上手でおもしろい人がワナに陥ってしまうのか。

ここでのワナというのは、話が上手な人が一方的に話して会話が終わっている状態を指します。

 

自分が話している時は誰もが楽しいと感じます。ある研究によると、人は自分の話をしている時に「ドーパミン」という脳内の物質が分泌され快楽を与えると判明しています。

詳しくは、下記のリンクを見てください。

https://kikuhito.net/?p=143

 

話し上手な人は、自分の話が面白と思って自分ばかり話してしまう人が多いです。

 

自分の話で実際に相手が笑ってくれていると、自分の話はおもしろいと思ってどんどん話続けてしまいます。

 

でも、会話は相手との言葉のキャッチボールをすることで、成立します。

 

なので、自分の話は面白いと思って一方的に話続きてしまう人は要注意です。

相手が笑っていても、心からその会話に満足してない場合があります。

 

 

【真のコミュニケーション力を得るためには】

 

話が上手なだけだとコミュニケーション力が高いとは限らないとなると、どうしたら相手が満足するコミュニケーションができるようになるのでしょうか。

 

それは、

相手の話もバランス良く聞くことです。

 

本当にコミュニケーション力が高い人は、適度に相手の話を聞いています。相手の話を聞くことで初めて会話が成立するので、一方的な会話は、真のコミュニケーションとは言えません。

 

相手の話を聞いていく中で、自分の話も適度に織り交ぜて話していく。そうすることで、相手も話すことができ、「会話」に満足します。

 

つまり、「話す」と「聞く」の割合が重要なのです。

 

自分が話して、相手も話すことで、お互いが「話す」ことができ、会話という言葉のキャッチボールにつながります。

 

コミュニケーション力が本当に優れている人を見つけて観察して見てください。

自分だけが話して相手を盛り上げているように見えても、実は相手の話もしっかりと聞いています。

 

 

endeavor-inmylife.hatenablog.com

 

 

会話をしているお互いが楽しくなるようには、相手の話を聞くことに忠直して見てください。そうすれば、相手もあなたの話に心から楽しんでもらえるはずです。

 

楽しい気持ちは心を軽くする "辛い時は友達と笑顔になろう"

f:id:endeavor-inmylife:20200124110805j:plain

辛い時って本当にシンドイですよね。

「辛い時こそ笑顔でいよう」とか「笑う門には福きたる」は本当なのでしょうか。

 

仕事や勉強が大変で体力的にキツイ時。

嫌なことがあって精神的にキツイ時。

 

本当に辛い時なんて自分から笑えないですよね。笑う元気もないし、笑いたいとも思わない。自分が辛いことで落ち込んでいる時は笑うことなんて難しいです。いや、笑えないときがほとんどだと思います。

 

f:id:endeavor-inmylife:20200124102903j:plain

笑うことは医学的に、ストレスを解消したり、自分をプラス思考にしてくれると言われています。

笑顔になることで、脳内には幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが多く分泌されます。このセロトニンによって、ストレスが解消されます。

また、笑顔は明るい気持ちにしたり、「辛い気持ち」を気持ちを楽にするという効果もあります。気分が落ち込むことがあっても、笑顔を心がけることで辛い気持ちがだんだんと晴れていき、心が軽くなると言われています。

 

でも、本当に辛いと「笑おう」なんて思いませんよね。というか笑えない。

辛い時に自分から無理に笑おうとしても逆に疲れるだけです。場合によっては、余計にストレスがかかってさらに辛くなってしまう。

 

「ここ最近忙しくて体力的にシンドイなぁ」

「会社の上司に怒られて精神的に疲れたなぁ」

 

自分が辛い状況にいると、常に頭の中で「辛い」「シンドイ」といったイメージが流れていると思います。体力・精神的に辛い状況でもやらなければならないことがある。そんな時にどうしたらこの辛い気持ちが晴れて、楽しく目の前のやらなければならないことに集中できるようになれるのかなって考えてしまいます。

 

僕も1月から新しい大学の授業が始まって、前回までの授業とは比べ物にならないくらいの課題が毎日出ています。

「こんなの1日で終わらないよ」って思っていても提出期限は迫ってくるばかりです。

この「辛い」「シンドイ」って気持ちがなくなってやる気が出てくれないかなと課題をやりながら考えたりもします。

 

そんな時は、

友達と話して、笑ってみましょう。

自分から笑うことは難しくても、友達と一緒にいれば自然に笑っちゃう時ってありますよね。友達と一緒の時間を作って、友達と一緒に笑うことで、「辛い」や「シンドイ」といった気持ちが少しずつ晴れていくように感じます。

 

f:id:endeavor-inmylife:20200124102938j:plain

 

辛い時は自然と笑顔になれる友達と時間を過ごそう。

 本当に辛いときは無理に自分から笑わなくていい。一緒にいるだけで笑っていられる友達といればいいんです。自分が辛い時は友達に笑わせてもらえばいいし、友達が辛そうな時は自分が笑わせてあげればいいと思います。

 

是非みなさんも辛い時は友達とすぐ会って、笑顔になりましょう。笑顔になって気持ちが晴れてくれば、「よし!頑張ろう」とやる気も出てくるはずです。

 

endeavor-inmylife.hatenablog.com

 

 

話は完結に!結論ファーストで話すためのコツ

「結論から話すこと」。これは会話において非常に重要なスキルであり、面接でこれができていると就職活動でも有利になります。しかし、そもそもなぜ結論から話さなければならないのでしょうか。そして、どうすれば結論から話せるのでしょうか。

 

今回はその理由と方法を僕のインターンでの経験をもとにお話しします。

 

f:id:endeavor-inmylife:20200123101024j:plain

 

例えば、会社の同僚や友人と話している時に、自分の話が相手に伝わっていない時ってありますよね。

自分では整理して話しているのに、相手が理解してくれない。そんな時は、一度自分の話の伝え方に着目してみてください。

話の具体例や自分の意見など、順番がバラバラの状態で話してしまってると、話の相手は、

「どの部分が1番キーポイントなの?」

「結局何を伝えたいの?」

と感じてしまいます。

 

まず結論ファーストとは、”自分が相手に1番伝えたいこと””相手が1番聞きたい”と思っていることを最初に伝えることです。

 

たとえば、
友人とレストランに行くシチュエーションがあった時に、どこ食べに行きたい?と言われたらあなたはなんと答えますか?

「〇〇の店に行きたい」と答える人が多いとおもいます。
このシチュエーションでは、相手が何を食べたいか?と聞いているので、〇〇が食べたいと答えると結論ファーストで答えていることになります。


もしここで、
「今は中華の食べたい気分だし〜、でもカレーも食べたいし〜」
と答えてしまうと、
相手は何を食べたいか?と聞いているので、
相手の質問に正確に答えていないことになります。

もちろん、友達と会話で
「結局何が食べたいか完結に言って」と伝えてしまうと友達がいなくなってしまうのであまりオススメはしません。

では、会社や目上の人と話すシチュエーションに置き換えてみましょう。

あなたが営業職だったとして、今から上司に1日の活動報告をする場面を思い浮かべてみてください。

上司から「今日はどれくらいアポイントとれたの?」と聞かれたら、どう答えるのが結論ファーストになるのでしょうか。


「今日は、〇〇の地域の会社を中心に回って、何件ぐらい取れそうだったのですが、」
と会話を始められたらあなたはどう思いますか?


いや、何件取れたか聞きたいだけなんだけどなって感じると思います。

 

僕も営業インターンをしていた時に何度も上司から、

「相手が聞いている質問にまず答えた方がいいよ。」

「その質問に答えた後に自分の意見や気づいたことを伝えた方がいいよ」

と言われました。笑

f:id:endeavor-inmylife:20200123155841j:plain

 

結論ファーストで話すためにはまず、相手が質問してきたことに1文で完結に答えることが大切です。

完結に答えることで伝える情報が少なく、正確に相手に伝えることができます。

 

相手がしてきた質問の答え以外に、自分に意見などを混ぜてしまうと相手に伝える情報が増えてしまうので正確に伝わらないこともあります。

 

もし仕事や目上の人と話していて相手の人から何か質問をされた時は、相手が1番何を聞きたいのかということを考えてみましょう。

そうすることで、相手に伝えるべき情報が明確になり正確な情報を伝えることにつながります。

相手が求めているものを1番最初に答えることでコミュニケーションも円滑になり、相手を困惑させることも少なくなるのでスムーズな会話ができるようになります。

 

endeavor-inmylife.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

”人の名前を覚えないと損している” 名前を覚えることで相手は居場所を感じる

f:id:endeavor-inmylife:20200122131319j:plain

自分の名前を覚えてもらえると「自分のことを認識してもらえてる」って感じて親近感を覚えますよね。

 

自分の名前を覚えてもらってると、すごく嬉しいです。

新しいコミュニティー自分の名前を覚えてもってると自分のの居場所を感じると思います。

 

大学のサークル

スポーツクラブ

 

友達や知り合いのいないコミュニティーに入るときは誰しも不安です。

 

話し相手がいない。

周りに頼れる人がいない。

 

新しく入ったコミュニティーで気軽に相談できる人がいないと不安です。

しかも、すでにそのコミュニティーに仲良くなってるグループがあると自分の居場所があるかどうか気にしてしまいます。

 

そんな時に自分の名前を呼んでもらえたら「自分の居場所があるんだ」って感じると思います。

 

あなたは、自分が所属しているコミュニティーに新しくメンバーが入ってきた時に、名前をきちんと覚えていますか?

 

名前を覚えてもらっていると相手は「居場所」を感じることができますし、それを声に出して呼ばれると親近感を覚えます。

 

僕も留学に来て、授業中に自分の名前を呼んでもらった時に「嬉しい」って感じました。

 

英語も流暢じゃない状態で留学したのでとても不安でした。

授業中に先生の話していることを理解できないこともたくさんありますし、質問された時に答えられなかっことも少なくなかったです。

 

英語も話せなくて、友達も同じクラスにいない状況で先生に笑い混じりで話してもらえて安心して親近感を覚えました。

 

今まで大学のサークルやインターンの会社など、いろんな新しいコミュニティーに入って来ましたが、自分の名前を覚えてもらえると「居場所」を感じて安心します。

 

自分が名前を覚えてもらってると嬉しいということは、相手も名前を覚えてもらってると嬉しいと思います。

 

もしあなたが所属しているコミュニティーに新しい人が入って来たときは、名前を積極的に呼んでみてください。相手は「親近感」を覚えて、距離がぐっと縮まります。 

 

相手と距離を縮めたいときは名前を呼んでみましょう。

お互いの距離がグッと縮まって、相手も緊張が解けるはずです。

 

自然と打ち解けて、仲良くなれる一歩に繋がるといいですね。

 

endeavor-inmylife.hatenablog.com

 

 

人間関係が楽になる!苦手な人との接し方

 

f:id:endeavor-inmylife:20200121141858j:plain

今、あなたの周りに苦手だなと感じる人はいると思います。

 

僕も大学で「できる限り関わらないでいたいな」と思う人がいました。
はっきり言ってしまうと嫌いな人です。

 

言わなくていいことまで余計に言ったり、嫌味な言葉が多かったり。
大学の少人数クラスの授業で、どうしても関わりを持たなければならない。

 

その時は、できるだけ関わりたくなかったので、コミュニケーションを最小限にし、一緒に行動することを避けていました。

 

その後、それでその人との関係が改善したか?というと、余計に気まずくなって、授業中にグループディスカッションをする時に顔も合わせられませんでした。

 

今思うと、もっとその人に歩み寄る努力することはできたし、自分もまだまだ子供だったなと思います。

 

もし、あの時に人間関係を良くする方法を知っていれば、変に気まずくならずに、円満の状態で話せたなと後悔する時もあります。

 

もし、この記事を読んでいる方の中で人間関係に悩んでいたり、ストレスが溜まっている方は今からお話しする方法を試して見てください。

 

苦手な人と接するのがずっと楽になります。

 

endeavor-inmylife.hatenablog.com

 

 
あなたは、苦手な人と接する時にずっと抱え込んで我慢していませんか?
 
例えば、
「嫌味っぽく、一言余計な人」
とか
「すぐ周りの責任にする人」
 
 
僕も大学で同じ少人数クラスをとっている時に、苦手な人がいました。
 
「なんか1言多いなあ」
「嫌味っぽい事言ってくるなあ」
と思ってました。
 
ぶっちゃけ嫌いでした。
 
 
苦手な人と無理に接するのはシンドイですよね。
ストレス貯まるし、楽しくないし。
でも、そういった自分の苦手な人とコミュニケーションを取らなければならない時もあります。
 
そんな時、あなたならどうしますか?
 
自分がずっと我慢する
誰か別の友達に愚痴を言ってスッキリしたと思い込む。
f:id:endeavor-inmylife:20200121150505j:plain
 
自分がずっと我慢するのは限界があるし、愚痴を言っていてもその人との問題は解決しません。
その苦手な人といる時間だけ自分が我慢すればいいと思っていても、いつか限界がきて自分が辛くなります。
 
僕も苦手な人と出会って最初の方は、愚痴ってたのですがその人との接し方を変えることで良好な関係を気づくことができました。
 
そんな時に、僕が実践していたのが、
「相手がどういう伝え方を嫌うか」
を常に意識して話してみることです。
 
相手から、
上から目線でなにか言われたり、
嫌味な事を言われたりする時って、
自分の話し方に原因があったりする場合もあります。
 
話している時に自分の意見を言っただけなのに、相手には「否定されている」と伝わっていたり。
良かれと思って間違いを教えてたら、お節介と思われたり。
 
自分の伝え方になんの問題もなかったら、
その人も嫌味や上から目線で話してこないはずです。
 
 
相手の人が「否定されること」に敏感な人だったら、
相手の意見の良い部分を伝えた上で、自分の意見を言う。
 
 
相手がプライドの高い人で他人からのアドバイスを好まない人だったら、
相手に自分の意見の確認してもらうように、自分のアドバイスを伝えてみる。
 
どういう伝え方をすれば、相手が自分の意見を聞いてくれて、
嫌味を言わなくなり、上から目線で話してこなくなるかを考えてみることが大切です。 
 
もし今身あなた身の回りに1人でも苦手な人がいたら、
まず相手が何を考えていて、どういう伝え方を嫌うかを考えて見てください。
 
そして、相手について考えた上でその苦手な人と話してみると、その人の態度も変わって、良好な人関係に近づきます。
 
我慢して一緒に居続けるより、良好な関係な状態で時間を過ごした方がお互い気持ちよくいられます。

嫌な気持ちで日々を過ごすよりも、自分のためにも何か行動してみませんか?

 

ポジティブシンキングがネガティブな感情の救世主になる

 
f:id:endeavor-inmylife:20200120143024j:plain
 
会社で働いてる社会人、課題に追われている大学生。
やってることは違えど、毎日忙しい生活をしている人が多いですよね。中には、やりたくないけどやらないといけないことも多いと思います。
 
提出期限が迫っている大量の課題や残業しないと終わらない仕事など、やりたくないことに追われている人も珍しくないと思います。
 
「やりたくない」でも、「やらないといけない」といった時にオススメの方法を紹介します。
 
 
ここで1つ皆さんに質問させてください。
 
やりたくない事をする時、
みんなさんはどっちの感情が先にきますか?
 
ポジティブな感情
もしくは、
ネガティブな感情

 

 
大抵の人は、
「めんどくさいからやりたくないな」
「早く家に帰りたいから残業したくないな」
といったネガティブな感情が出てきちゃいます。
 

f:id:endeavor-inmylife:20200120150935j:plain

 
好きなことじゃないことって基本めんどくさいですよね(笑)
僕もやりたくない事をしないといけない時は、
「めんどくさぁ」
って思ってしまいます。
 
 
「人はやりたくない事ををする時は、やらない理由を探す」
 
この「やらない理由」がネガティブな感情です。
 
「めんどくさい」
「忙しくなりたくない」
などなど。
 
でも逆に、友達との飲み会や遊びだったら、
どれだけ忙しくても"やりたい理由"をさがします。
 
 
人は僕を含めて弱くて怠け者です。
だからすぐ楽な道に行こうとします。
 
 
課題が多い学校の授業
課題をたくさんやりたくないから行きたくない
 
早起きしないといけない午後授業
朝早起きしたくないから行きたくない
 
Hardworkが当たり前の会社
仕事で辛くなりたくないから忙しい会社には行きたくない
 
 
知らぬ間に楽な道を選んでるのは、
厳しい環境があった時に、ネガティブな感情が先に出てきてるからです。
 
ネガティブな感情が出てくるから、「やりたくないこと」もさらに辛くなります。
 
でも、逆にポジティブな感情が先に出てくれば、「やりたくない」というネガティブな感情が少し和らぎます。
 
 
課題が多い学校の授業
たくさんの課題をこなして、たくさん学べる
 
早起きしないといけない午後授業
朝早起きして、1日の中でたくさんのことができる
 
Hardworkが当たり前の会社
仕事を短い時間でこなせるようになる。成長できる。
 

f:id:endeavor-inmylife:20200120151848j:plain

 
「この課題を提出したら旅行だ!」
「残業が終わったら飲み会だ!」
といったポジティブな感情が出ると、やる気が出ませんか?
 
やる気が出て、目の前の辛いことをこなすことで自分に自信も出てくるようになります。
 
でも、どうやってポジティブに考えるの?
ってみなさん思いますよね。
 
もちろん、いきなり全部ポジティブに考えるのは難しいです。 
 
辛い環境に出くわした時に、ポジティブに考えればできる!
と思ってもなかなかできないものです。
 
でも、少しずつでもいいから、
何か自分の身の回りで辛い事があった時に、
ポジティブな感情を先に出そうとしてみてください。
 
そうすると、ゆっくりにはなりますが、
自然と目の前の辛い事を
 
"辛い"
 
と感じることが減っていって、辛い状況を乗り越えられるようになります。
 
 
明日からでもできることは、辛い事に出くわした時に、
 
1つでもいいから、ポジティブな感情を見つけること
です。
 
やりたくないことをイヤイヤしても、辛いだけです。
辛い思いをしないためにも一度、ネガティブな感情を出すことを減らしていきませんか。